メリクリ

エムステ見ました。なんかあの子たち、異様に力んでなかった?
楽しんでたっていうか、高ぶってた。
あんなに素敵な笑顔を見たの、いつぶりだろう。
見てるこっちも笑顔になったよ。
会場の熱気が伝わってきたよ。
ふう、でも。
ボアちゃんの話くらい、しっかり聞こうよ。
ねえ、あの子たちが煽ってるのか知らないけど、自分の好きな人の話を聞けなかったら嫌でしょ?
なんでそんなことがわかんないのかしら。
ミニーちゃんしてる子、・・・きゃあすっごくかわいいv(棒読み)
おばさんにはそれのどこに魅力を感じるのかわかりません。
確かにかわいいけど、バカっぽく見えるだけよ?
まあ好みだから良いんだけど。



メリークリスマス!
みなさんが、幸せなクリスマスを過ごせますように。
サンタさん、私がほしいのは人を愛せる力です。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-24 20:05

そして僕は星座になって。

サボっててすいません。
これからは3行だけでも、なるべく毎日書くように頑張ります。
ランキングに参加したら、来てくれる方が増えて嬉しい。
リンクさせていただきたいサイトさんがあるんだけど、大丈夫かな。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-21 11:10

世界の中心

葬式に行ってきました。
お焼香だけじゃなくて。
棺桶をあけて、花を入れるの。
すごいね、綺麗だった。
事故で死んだとは思えないくらいなんです。
お花を入れるとき、急に悲しさがこみ上げてきて。
即死だったのに、なんで傷が付いていないんだろう。
神様が、守ってくれたのかな。
もっさんの分まで一生懸命生きます。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-19 14:32

センチメンタル

大切な人が。
死んでしまいました。
なんで、あの時もっとしっかり顔見ておかなかったんだろう。



真夜中にベルが鳴ったおじいさんの時計
お別れの時が来たのを皆に教えたのさ
天国へ上るおじいさん時計ともお別れ

今はもう動かないその時計
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-18 17:58

TO BE

今日は特になかったなー。
一日疲れた。
レポート作成しなきゃ・・・。
はあー。

そうだ、Kirara7のミーコさんがね。
なんと、私が受けたことのある学校に通っているんです!
すごい偶然でしょ♪
何かの縁かしら(笑)
その高校ね、すっごい制服がかわいーいの。
いいな、いいな。
うーん、何書こう。


















伝えたいことがあるんだ。
あなたとの距離、あなたとの時間。
全部含めて、だいだいだいだいだーい好き。

君色パレット



b0033157_13581925.jpg

[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-14 13:57

今こそ君は、本当のヒーロー









絶望、その意味が分かった気がした。












ピンポーン

インターホンが鳴る。
出なきゃ。
涙を隠して。

「・・・はい。」
「翔?」

美咲、か。





「どうしたの?」
「近くまできたから、よってみようと思って。」

ニコッと笑う美咲の顔に、少し励まされた気がした。













「舞台、どうだった?」









ウエストサイドストーリー。
俺には、大きすぎる舞台。
昨日初日を終えて、明日からはまたトニーになる。















「今度見に行くから。」

「・・・見に来るな。」













「・・・えっ?」

「見に来るなって言ってんだよ!」

俺のあんな姿なんて見ないでほしい。
美咲は何も悪くないのに、当たってしまう。
ごめん、美咲。











「見に行くよ。」

なんで、怒らないの?












「私は、どんな翔も見たい。」



ファンの子達は、『すごい良かった。』って言ってくれて。
それには俺ももちろん励まされて。
カーテンコールの時も、すごい気持ちよくて。

でも、本当に求めていたのはこんなのじゃなかった。
俺は、何も伝えられていない。
この舞台の本当の悲しみ。

きっと、俺は伝えられていない。

ファンの子は、『嵐の櫻井翔』に目を輝かせていた。
『トニー』ではなくて。













「翔。」
「なに?」







「何を、怖がってるの?」








気づいていたんだな。
泣いていたのも。
考えたのも。

それを受け止めてくれようとする美咲に、俺は全部話そうと思った。





「俺、本当は自信なんてない。
このまま行けばやり遂げられると思うけど、それじゃこの舞台が台無しになっちゃう。
歌も歌えない。

マリアを抱きたい気持ちとか、それを争う悲しみとか。
きっと、俺には重すぎた。」





泣きながら話した俺を、細い腕で美咲は抱きしめてくれた。














「辛かったね、翔。」








「でも、私は違うと思う。
ファンの子達はちゃんと、『嵐の櫻井翔が演じたトニー』に泣いてくれたと思うけど。

最初から全部できる人なんていないよ。
でも、頑張ってもできない人もいないの。
いるとしても、翔はそうじゃない。

変わろうと思えば、いつでも変われるんだよ。
今すぐじゃなくても良い。
翔には、信じて待ってくれている人がたくさんいるじゃない。」


美咲の言葉が、液体のようにしみこんだ。









「美咲、ありがとう。」

抱きしめる手を強める。
美咲も、一生懸命俺を受け止めてくれて。
この人が、俺の好きになった人。







「美咲、俺頑張るよ。」









「美咲が来るときまでに、自信を持って舞台に立てるようにする。
だから、もし俺がトニーになりきることができたら。

美咲もトニーに拍手を送ってくれますか?」










「はい。
じゃあ、私からも約束。
私だけじゃなくて、見に来てくれるみんなのために。
翔は、頑張ってくれますか?」

俺の胸の中で、芯のある声で聞く美咲。










「はい。
みんなのために。
頑張ります。」






美咲のために、みんなのために。




明日、あの舞台に。









俺は、立つんだ。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-11 12:02

花唄

b0033157_19253383.jpg

えっと、一応ポエムサイトの方が完成しました。
『君色パレット』
サイト名です。
素敵でしょ。
主に恋愛ポエムを書いています。
片想い、両想い、失恋、結婚。
いろんなポエムを書いています。
今まで作ろうって思っていたんだけど、恋愛ポエムは恋愛しないと書けないじゃないですか。
でも、強制的に恋愛するのも違う。
だから、時間がかかってしまいました。
ポエムに書いているのは、ほとんどが実際のお話です。
なんか恥ずかしいな(笑)
アドレスは後で載せます。
読んでみてくださいね。



色あせることなく蘇る
儚く美しき日々よ
まぶしい海焦がれた季節も
雪の舞い降りた季節も
いつだって振り向けば
あなたがいた
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-08 19:25

今はまだ思い出にはできない。

学校から書き込んでいます。
ふあー、暖房が効きすぎて暑い・・・。

そうだ、A song for your love第7話更新しました。
見てみてください☆

Dior-girlyの新作、めちゃくちゃかわいくないですか?
あの、バラがついてるやつ。
ほしいなーほしいなーほしいなー・・・。

ポエムサイト、あと少しで完了です。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-07 14:41

大好きだよ。

みんなさあ『トニーかっこよかった』とか言う・・・。
行きたくなるじゃんかー(>_<)
そうだ、別のサイトを作ることにしました。
恋のポエムサイトです。
管理できるか心配ですが、2個のサイト頑張ります。
できたらこちらからリンクを張るので、見てくださいね。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-06 17:44

瞳をとじて。

久しぶりー。
さっき小説を更新しようとしたのですが、サーバーが調節をしているようでしてできませんでした。
ということで、あと少しお待ちください。

今日ね、すっごい素敵なサイトさんを見つけた。
こんなに泣いたの、いつぶりだろう。
リンクを貼らさせていただくときに、紹介します。

あー、もう明日なのね。
しーちゃん、今ごろあたふたしてるんだろうな。
外見は頼れそうなのにすごい緊張するもんね、あの子(笑)
きっと、『俺が間違えたらこの舞台は成り立たない』とか構えてるんだろうね。
うーん、でも大丈夫。
さーちゃんも松潤もいるし。
しーちゃんが思ってるほど、そんなに大きな壁じゃないってー。
FNSの時、『舞台の準備は万全ですか?』って聞かれて『はい。』って言ったよね。
芸能人なんだから、もっと上手に嘘はつかないと(笑)
心配そうな顔で『万全です。』なんて言われても、信じられないよ?

でも、私わかってるから。

しーちゃんなら、大丈夫だってこと。


きっときっと不安に押しつぶされそうになってるんだろうけど、周りにはたくさん助けてくれる人いるし。






明日。
そう、明日。






胸を張って。



櫻井翔じゃなくて、トニーとして。






『マリアーーーーーーーーーーー!』って。



叫んできてね。




私は、豊田から応援しています。
[PR]
# by arasatoshi | 2004-12-04 16:41